債務整理で借金無しの新生活

債務整理の3つの方法(任意整理・個人再生・自己破産)の違いや手続き

この記事は2分で読めます

債務整理の4つの方法(任意整理・個人再生・自己破産・過払い請求)

債務整理にはいくつかの種類があります。種類が違えば内容が異なり、債務整理できる範囲も違ってきます。ここではそのうちの4つ、自己破産、任意整理、個人再生、過払い請求について取り上げます。

まず、自己破産、任意整理、個人再生の3つを見ていきましょう。

自己破産とは

自己破産とは、究極の債務整理、最後の手段とも呼ばれるもので、抱えた借金を全て帳消しにする手続きです。借金を半額または三分の一減らすというのではなく、全額を帳消しにしてゼロにする方法が、この自己破産手続きです。自己破産のメリットは、どんなに多額の借金を抱えていても、それを全てゼロにできることです。

一方、ブラックリストに掲載されることは必至で、社会的な信用も落とすことになりますが、こちらはデメリットになります。

より詳しくは自己破産についてのページで解説しています。

任意整理とは

任意整理とは、債務者と債権者が直接交渉を行って、借金の減債を取り決める手段です。裁判所に申立を行う自己破産とは違って、こちらは裁判所を通さずに当事者だけで話し合いを行います。メリットは、裁判所の介入がないため官報に載らないこと、周囲に知られる可能性も低いことです。ただし、個人信用情報機関には掲載されます。

より詳しくは任意整理についてのページで解説しています。

個人再生とは

個人再生は、裁判所に申立を行い、借金を減額してもらう債務整理手続きのことです。メリットは、職業に関係なく申立ができること、借金の理由が問われないこと、マイホームを手放さずに債務整理ができることです。ただし、信用情報機関と官報に掲載がなされ、社会的な信用度は落ちてしまいます。また、手続きが認められるための条件も比較的厳しい内容です。

より詳しくは個人再生についてのページで解説しています。

異色の過払い請求

過払い請求は、上に挙げた3つの債務整理とは少し性質が異なります。何が違うかといえば、上の3つの債務整理では、債務者が自分の借金問題をちゃんと自覚していますが、過払い請求では、本人が自分に過払い金があることを自覚できていないケースが少なくありません。

つまり、調べてみて初めて気付く借金問題が過払い請求なのです。なぜ過払いに気付かないかといえば、多くの利用者が貸金業者からお金を借りるときに、金利に関する法律を十分に確認しないまま借りているからです。

したがって貸金業者が違法な金利を取り立ててもそれに気付かず、どんどん違法金利を支払ってしまい、多額の過払い金を作ってしまうことになるのです。貸金業者に対して実際に過払いがあるかどうかは、感覚的な調査だけでは分かりません。

業者にこれまでの取引履歴を開示させ、その履歴に基づいて金利の引き直し計算を行わなければわかりません。本人がこのことに気付かない限り、過払い金はずっと徴収されたままになるので、この点で最も注意を要する借金問題だといえるかもしれません。

より詳しくは過払い請求についてのページで解説しています。

「債務整理の基礎知識」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎します

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

RETURN TOP