債務整理で借金無しの新生活

借金を増やさないためには「次の借金」をしないことが最重要

この記事は2分で読めます

借金を増やさないためには「次の借金」をしないことが最重要

間隔をおかず、次から次に借金してしまう人がいます。これは大変危険なことだといわなければなりません。なぜなら、まだ前の返済が済んだばかりで、新しい借金を返せるだけの余力がないからです。そんな状態でお金を借りれば、返済できない確率が高くなるでしょう。むしろ、一度返済が済んだら、次のお金を借りる事をしないことが重要です。

矢継ぎ早にお金を借りないこと

お金を借りるときに気をつけなければならないのは、矢継ぎ早に借りないことです。間隔をおかずに、あるいは間隔のことなど考えずに借りることはとても危険なことです。なぜなら、たった一回お金を借りるだけでも本人にダメージを与えるのに、それを次々に行えば、さらにリスクを高めてしまうことになるからです。

例えば、お金を借りてそれを完済できたとしても、そこから間隔をおかずにお金を借りれば、前の借りたものを返すために資金を使い果たしているので、新しいものを減らすための力がなく、途中で返せなくなってしまう可能性があります。

これは、前の借りたものを完済してから新しく借りる場合の話ですが、まして未完済の状態で新しく借金するとなれば、なおさら新しい借りた金額を減らすことは難しくなります。いずれにしても、立て続けにお金を借りることには大きなリスクがあることを覚えておきましょう。

クレジットカードやカードローンに注意

矢継ぎ早に次の借りる行為をしないようにするためには、クレジットカードやカードローンに注意する必要があります。これはどういうことかといえば、最近はクレジットカードやカードローンを利用して気軽にお金を借りやすいということです。手続きや審査はかなり簡略化されていますし、契約もネットから行えるなど、敷居がかなり低くなっています。

こうした現状は利用者にすればメリットですが、しかし手綱が緩んで借りすぎてしまう危険があるという点で、リスクも大きいのです。実際、この利便性の良さからルーズに借りすぎてしまう人もいるので、くれぐれも注意してください。

また「超低金利」という広告に誘われてしまうことにも気をつけなければなりません。他の業者より金利が低いことは確かに歓迎すべきことですが、しかし、他より低いというだけで、金利がなくなるわけではありません。

他と比べて金利が低かろうとも、借りる金額が大きくて返済期間が長くなれば、トータルでは支払う金利の額も大きくなります。その点をよく考えて、金利の安さに目を奪われるよりも、むしろ安全に返すために返済計画を立てることに注意を向けてください。

「借金を減らす方法」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎します

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 借金返済の基礎知識
  2. 節約で支出を減らす方法を考える
RETURN TOP