債務整理で借金無しの新生活

借金返済の基礎知識

この記事は2分で読めます

借金返済の基礎知識

借金返済を軽く見ている人も少なくありませんが、それは危険なことです。なぜなら、万が一借りたお金を返せなかったら、いろいろなペナルティーを受けることになるからです。ここでは、お金を返す方法の基礎知識について、またいろいろな返済方法についてご紹介します。

計画的な返済が借金の完済を早める

ジュース代程度の小額のお金を家族から借りる場合は、そこに何の計画性も必要ありませんが、銀行や消費者金融など、会社からお金を借りる場合はそうはいきません。会社からお金を借りるときは、元金に合わせて利息も支払わなければならないので、その両方をしっかり返すために、返済計画を立てておかなければなりません。これができるかできないかで、安全に返済できるかどうかが決まります。

よく返済を甘く見た結果、返済不能に陥ってる人もいますが、そういう人は大抵、金利のことを軽視しています。金利は一回当たりの額はそれほど大きくありませんが、積み重なっていくことで大きな額になり、返済期間が長くなるほど、大きな負担としてのしかかってきます。

だから、金利計算を含めて事前に返済計画を立てることが必要なのです。返済計画を立てることを怠ると、金利の返済だけに追われるような最悪の結果になってしまうこともあるので、注意してください。

返済方法は一つじゃない

さて、借金の減らす方法について考えてみましょう。返済方法は一つしかないと思ってる人もいるかもしれませんが、実はいくつか方法があります。

一つは、借りたお金を翌月に一括返済する方法です。これは借入期間が短い分、最も安全な返済方法ですが、借りたお金を翌月に必ず返せる見通しがなければ選択できないものです。

一方、半年、一年間など、分割して返済する方法もあります。この分割返済には、常に支払額が一定になる場合と、状況に応じて変化させる方法があります。いずれにしても借入期間が長くなるので、その期間に応じて利息の支払いも行わなければなりません。分割返済の特長は、長く少しずつ返していけること、しかし一括返済より利息を多く払わなければならないことです。

ところで、通常の方法では返済できなくなったとき、法的な手続きを利用して返済する方法もあります。これは多重債務に陥って返済ができなくなった人に適用されるものですが、自己破産や個人再生といった法的な手続きを申請することにより、全て帳消しにしたり、条件を緩和して返済額を減らすことができます。これはどうにもならなくなった場合の最後の手段として覚えておいてください。

「借金を減らす方法」の記事一覧へ

シェア・いいね歓迎します

Facebookでシェア Twitterでシェア

あわせて読みたい

  1. 借り入れは少しでも利息が安いところに変更する
  2. 返済がきつくても毎月「少しでも多く返すこと」で早く借金から解放される
  3. 借金を増やさないためには「次の借金」をしないことが最重要
RETURN TOP